珈琲の歴史にふれた秋の午後

2014.11.05 | 日記

(C) casa seco