FC2ブログ
昨日も昼頃から夜8時ちょっと前まで
茶屋で過ごすことができました。
私の体はおそらく春になったんだと思う。

季節の変わり目はあいまいで
それをたのしめるようになるには
やはり年月が必要だと思います。
2年目の直江津の春は
五智の八重桜を想いつつ
直江津駅前通りのがんぎの下の
店先で咲いてる花やハーブを愛でながら
毎日キャンドルナイトな茶屋物語を
ご来店されるお客さまとつくっていく、
それをよろころんでおります。

わが家の歴史、第一夜、第二夜とみました。
第一夜をみた翌日、つまり昨日、
ほぼ日の三谷さんと糸井さんと重岡さんの対談とこ、
読んでなかったとこを読んだら
私の読み(フォレストガンプみたい‥って思ったんデス)があたってて
やっぱりーとこころのなかでつぶやいたのでした。

今日もcasa seco日記へきてくれてありがとうございます。
昨日は夕方、珈琲を焙煎したら「いいにおいがする」っていってもらえてひじょーにうれしかったです。

2010.04.11 | 日記

(C) casa seco