やしろどうふにであったのは
桃李(なおえつ茶屋をママがやるまえに3ヶ月だけ、夜カフェバーをしていたとこ)のときだったか
なおえつ茶屋をママが運営しはじまたときだったか
まぁさだかでないけど
去年の4月ということにしておこう。

毎週木曜、
とうふのおはだのようなおにーさんが
とうふをうりにきてくれる。
ぱーぁーーぷぅーー
というようなラッパがなるわけぢゃないんですけどね。

軽自動車の冷蔵庫版というのか?
路肩にとめて車両の左側がオープン。
そこにはできたてとうふやがんもやおからちゃんたちがいる。

「今日はこれと、これと、これをください」
「まいどありがとうございます」
このやりとりがまたいいんだなぁ。

最近のわが家のはやりは
矢代豆腐のがんもさんを
ねかせたじょうたいで
横から包丁をいれ2枚にし
軽くプラいパンであっためて
白い側にかんずりをうすくぬる。
通称『和風バーク』のできあがり。
大豆は畑のおにくってことで(蒼井優ちゃん風)

今日もcasa seco日記へきてくれてありがとうございます。
高田の桜は4月の頭に咲いてくれるのでしょうか。。

2010.03.18 | 日記

(C) casa seco