左足の付け根の炎症がまたはじまった。
粘土湿布をしてもらって2時間。
じっとして午前中を過ごす。
はたして、午後2時からの演奏をききにいけるのかどうか
ということは棚上げし
まずは炎症をおさえることに時間をついやす。
もちろん食後の薬はのんだうえで。
ステロイド君よ、お仕事してたもれ。

お着替えを手伝ってもらう。
母がしてくれるときと妹がしてくれるときとは
いささか違う心がまえになってしまうことは否めない。

洋服に着替えさせてもらって1階に降りる。
一段一段、集中集中。
左足付け根をかばいつつ
無事着地。
車椅子にのって客席へ。
あーまにあった。

茶屋のひなまつりは思っていた以上の客入りで
店内はいつもよりあったかくなっていた。
テンポよく演目がつづく。
ひなまつりを琴の演奏でききつつ会場の皆さんと歌い
舞う姿を観る。
日本ならではの芸事を
ずーっとやりつづけている
素敵な女性二人を茶屋でみることができて
とてもいいひなまつりを祝えた気がする。

今日もcasa seco日記へきてくれてありがとうございます。
ひなまつりの催しが終わった後、常連さんがご来店され蜜蝋キャンドルを買っていってくださいました。ありがとうございます!

2010.03.04 | 日記

(C) casa seco