FC2ブログ
祇園祭が幕をおろしました。
あけぼの一年生として、多くを学びまた
この町が港町であるということを
これからも少しずつ知っていこうと思いました。

19個も屋台があるなんて
埼玉県戸田市育ちの私には
想像ができませんでした。
それぞれに、ですよ。

昨日は紳士2人に力をかり
祭り見物で店先に座らせていただきました。
祭りの神さまにお餞米の様子をみせてくださいとお願いしました、
あけぼのの札をにぎって。

その願い、叶いました。

駄菓子を店頭で販売し
休憩とトイレにお店を開放。
みつろうキャンドルとクラフト・ユーのコーナーは
その駄菓子売り場の後ろの棚にMixされ
陳列されていました。

駄菓子を買うのかと思いきや
みつろうキャンドルCraft・Uのガラス作品たちにも目をとめてくださるお客さまがいらして
ココロん中で拍手してました。

私が抱いた直江津祇園祭のどうして○○なの?的な疑問を
直江津生まれ、直江津育ちのねーさんやにーさんたちにきいて
それをお店で伝えていきたいと思います。
直江の津を参考にしつつ。

モラルや秩序を構築しなおすための
よい材料、拾えた気がしました。
スグには難しいですけれど
こうしたほうがもっと直江津になるというようなコト、
ここに訪れてくださる方の目線で、改善していきたいと思います。

今日も読んでくださってどうもありがとうございます。

2009.07.30 | 日記

(C) casa seco