FC2ブログ
ちょいとおどくことって普段、ふいをついてやってきますよね。
昔、ひざかっくんをされたときみたいに。
私のちょいとおどろいちまった最近の話。

私、プロレスの味方です
を読了し
伊丹十三さんと村松さんのコンテンツを読み
白いブリーフ姿の十三さん(若かりし頃の)と
『白ブリーフ悪いか絶対悪くない』が頭の中でなってる状態が薄くつづいていた先週。

当然、プロレスの味方です
を読み始めました。
目次を開くと伊丹十三さんが『解説』とかいてあるではないですか。
ちょろっと「おっ!」と思ったデス。

先に解説を読んでしまいたくなりましたが
そこは我慢して本文をよみはじめました。
山藤さんのイラストもよいです。

7/5日曜日はじまった佐藤浩市さん主演のドラマ『官僚たちの夏』のワンシーンに
街頭で大勢の人々が
テレビをみているシーンがありました。
そこで流れていた映像がプロレスだったんです。
作品のイメージと重なりました。

私は1960年台にとても興味があります。
自分が生まれる直前の昭和30年台。
その頃に誕生したモノやコトを知ってる方から直接、話を聴くことが大好きです。
母からその話を聴くことをなおえつ茶屋の夜の部で聴けること、
私ひとりぢゃもったいない・・と思ってます。

昭和30年台の直江津ってどんなんだったか。
そういう話を聴く日があってもよいのかもしれないです。

秦基博くんのプールを聴きたい季節になってきました。
なきそーになりますが。

今日もよい一日を。
ご来店、ありがとうございます。

2009.07.08 | 日記

(C) casa seco