FC2ブログ
この間、金沢にいけたらいこう、
と思っていたけどいけなかった思いからか
リュケリのリンクをクリックする。
すると、Bon Appetit(ボナペティ)6がひじょーに手にとってみたくなった。

Bon Appetitはオーストラリア滞在中、
お友達になったPierreが
私に教えてくれた言葉のひとつだった。
ほぼ日手帳に書いてくれたその言葉は今もそこにある。

めしあがれ

という意味をもつこの言葉が雑誌の表紙になっているとは。
よさげなリトルプレスだな~
6月15日に発行ということは
今買えばまだ梅雨の明けないこの辛い時期の媚薬になりそう。

あ、今日は七夕ですね。
夜空のあんばいはいかがなもんでしょう。
直江津の空は・・期待できるのかどーなのかー。

七夕の今日もようこそココへ。
旧暦七夕っていつですか?

2009.07.07 | 日記

明日は七夕ですね。
願いごと、短冊に書いてつるしましたか?
私は先週、茶屋の前にたてかけられた
小ぶりの竹の小枝につるしました。

100万人のキャンドルナイト夏至2009も
明日で一応ことおさめ(なはずですよね?)
621からもう2週間、経過したんですね。
梅雨、真っ只中の直江津でございます。

あじさいの花がそこかしこで満開を迎えていて
ふつーにみちっぱたにあるところなんかを車窓からみたりすると
春先、そこを手入れされてた地元の方々の姿を
思い起こさせてくれます。
Thank you for nice green birds!

定休日の今日は
オープンから約3ヶ月、
店内で一緒に過ごした高田邦秀さんの作品を
返しに行く日です。
私は留守番かな~

とびうおのアーチをくぐれるのか私。
などとCoccoの曲をききたい月曜日でございます。

7月最初の月曜日。
きてくれてどうもありがとうございます。

2009.07.06 | 日記

20090705171926
とりまでのまちじかんって‥くたびれるものらしい‥

おつかれさまっ、ママ。

2009.07.05 | 写真

casaseco.comのドメインを更新した。
わずか798円、されど798円である。
1年でこのcasaseco.comにアクセスしてくださった方はどれだけいるのか。
そしてこの.comドメインをとったときの
あの1年ぐらい前の7月のおわりのこと。

あのとき、
なおえつ茶屋の中にお店をもつことができるなどとは
これっぽっちも考えていなかった。
というかそういう頭になっていた。
できて1日出店、といっても6時間ぐらいのその日限りとか。
そういうお店の出し方しかできないだろうと思っていたけれど
神さまはほんとにきまぐれで
ほれよって幸運のかたまりのような小さなたまを
私になげてくれて
うしろに支えてくださってるヒトやモノやコトが
見守ってくださってて
それを私はたまたまキャッチできた、
それで今がある、と思う。

モノには魂があって
そのココロにふれることができたっぽいときなんか
背筋がゾクっとする。
形あるものもないものも
いろんな伝わり方、伝え方、
届け方、届けられ方をシテ
今、ここにある。

そういうことを
夏の前の
湿った風をみながら
珈琲を片手に
たまにめをとじて
感じてみる。

今流れてる曲も、生まれてココに届けられてることを。

この間届いた竹あかりという名のキャンドルホルダ。
その写真をとれたら今日、撮ってupします。
upしたらコチラでお知らせしますので
どうぞご覧ください。

今日、なおえつ茶屋は臨時休業。
店主、本番のお仕事が入り、そちらを優先させまして候。
御免。

市内某地区で踊る予定です。
店主、花柳紀寿郎さんのプロフィールはコチラ。
むかーしから舞台で生きてきたお人です。

日曜日もようこそ。
お読みくださってありがとうございます。

2009.07.05 | 日記

20090704200839
20090704200837
20090704200835
Craft・Uのリーフシリーズを中心にレイアウトしました

2009.07.04 | 写真

20090704200403
本日夕方より、期間限定でギャラリーの入り口におでましです

2009.07.04 | 写真

20090704174734
20090704174732
20090704174729
お客さま、小中学生の常連さんと店主のコラボレーション

2009.07.04 | 写真

20090704174355
限定発売中

2009.07.04 | 写真

ちょっとまえ
文月はツメサキさんの世界に浸ります
なんてことを書いたと思うのですが
なんだかツメサキさんの世界で紹介されてるコたち、
カワユイデス。

私はもともと「おれ」なんていってた小学生でしたし
男に生まれたかったと
なんどおもったことか、高校生時分。
ダチになるというのにあこがれてました。

化粧とかアクセサリーをつけたりとか
おしゃれとか、そういうことよりも
違うほうへ興味が向いてたのであります。
そして10年ほどまえにかかったビョーキのせいもあって
ますますアクセサリーとは無縁の世界に生きてきたのであります。

それがツメサキさんの世界にいるこたちは
これをつけて・・
なんて思ってしまう何かがあるんですyo.
これはなんなんでしょう。。

ツメサキ生まれのコたち、
いくつかなおえつ茶屋にもおいときますので
こんなのがほしいのよね~話、しませんか?
ちょっと私、女子っぽい?

胃痛に襲われてあたまおかしくなるかとおもいましたわ。
ソコから回復の兆しな今週でございます。

本日もようこそ、ここへ。お読みくださってありがとうございます。

2009.07.04 | 日記

ここんとこ
へこたれてまして
お店にたつことができてません。
せっかく来てくださったお客さま、
ごめんなさい。

あぁそんな落ちてるとき。
携帯にメールが届きました。
びんのかけらのマスターのおくさまからのメール。
びんかけさんのカウンターにおかせていただいてる
蜜蝋キャンドルの在庫がなくなりましたよという
ありがたい、お知らせメールでした。

うめきながらも
あぁ、この間つくったやつ、納品しにいかなくちゃ
とベッドの上で思ったのでした。

5月から6月にかけて
バラ園なカフェだったびんのかけら。
今はたぶん、蔦がいい感じで白い壁をはって
緑の葉におおわれているのでしょう。
この目で確かめに行かなくちゃ。

ドンキホーテ全幕を今年夏、
上越文化会館で上演するエコールドバレエサラの皆さん。
ちょうしはどうですかー。
8月28日金曜日。18時開演。
今から愉しみにしています。

びんのかけら、レジカウンターのところで
蜜蝋キャンドルとマッチのセットをお買い上げ頂いたお客さま。
どうもありがとうございます。
灯り、つけてご覧になられましたか?
ご感想、おまちしております。

オススメのキャンドルホルダーなどもございますので
こちらよりどうぞお気軽にお問合せください。

クラフトユーの展示会@なおえつ茶屋
3日目にして既に人気ものの
豚に真珠のミニオブジェ。
これ、あなたにも、みせてあげたい。

今日もココへきて読んでくださってどうもありがとう。
今日は波の日だったりするのかな?

2009.07.03 | 日記

7月に入って
なおえつ茶屋のギャラリーコーナー
ガラスでできた作品たちに変わろうとしています。
柏崎のCRAFT・U(クラフト・ユー)さんのところから
茶屋の店主がセレクトしたガラスのカップや醤油さし、ポットなど。

きっとコノコたち、涼を呼んでくれることと思います。
ご来店の際は是非作品をご覧になっていってくださいね。
もちろん蜜蝋キャンドル・ティーライトを灯すための
キャンドルホルダーもございます。

日中みるのと
夜、日が沈んでからみるのと
また趣が変わってくると思いますので
是非、両方、お試しくださいね。
あなたの直江津の旅の行程の中に
どうぞなおえつ茶屋での休憩タイム、
しのばせてくださいまし。

じょーれんさんは、宣伝のほど、よろしくね。
お友達、おかあさん、おとーさん、おねーちゃん、おにーちゃん、
妹、弟、彼氏、彼女・・・
お待ち合わせに使っていただいてもよいですよ。

なおえつ茶屋
新潟県上越市中央1-5-2
JR信越線・直江津駅北口下車徒歩3分
※駐車場はございません。駅前の駐車場をご利用ください。
定休日:月曜・不定休(7月5日は臨時休業いたします)

本日もわたしのつれづれにおつきあいくださいまして
どうもありがとうございます。

2009.07.02 | 日記

HABUさんのGalleryが628、更新されてた。
更新されてたのを見終わって
その言葉を読んだ後、
あぁ、私も雨をもっと・・・
と思った。

どうしても雨が降る前とか、好きになれない。
でもその雨のおかげでという考えは
スルーしてしまっている。
そういうところ、ぬけてるんだよなぁ。

なおえつ茶屋のなかほど、
囲炉裏の後ろの棚辺りに飾ってある
HABUさんの写真集。
あら!
自分の物語
は10月10日が出版日だったんですね。
見落としていました。

7月1日。
その日に10月10日のことを考えている私です。
今のうちから秋の予定をいれてしまおうと考えています。
この体調のわるげなときに。

直江津は7月の終わり、
多分一年のうちでいちばん色づくときなのでしょう。
住んでる皆さんから受け取る言葉の中に
祇園のことがちりばめられていて
その中に、どうやってわたし、入れるかしらと心配ですが
はじめての参加を愉しみたいと思っています。

7月最初の日に来てくださってどうもありがとう。
海の色も・・夏色にかわってきているのでしょう。

2009.07.01 | 日記

(C) casa seco