FC2ブログ
過去記事をよんでいたらみつけたこと。
やらなくちゃ。
お相手はナイショです。
スパイラル町役場から引用

------------------------------------------------
高尾の紅葉はその美しさでも有名ですが、昔から人々に親しまれてきたのは「もみじの縁結び」によるものも大きいようです。
 
紅く染まったもみじの葉に自分が想う人の名や詩を書いて高尾の谷から吹いてくる風に乗せてとばすと縁や恋いのとりもちをしてくれるというのです。
 
このいわれは、中国の唐代の「紅葉の媒(なかだち)」の故事中国の故事からきているようです。この故事は、唐の時代のこと、干祐(うゆう)という若者が、
もみじに詩を書いて風にとばし韓夫人と結ばれたという恋の話で、
 
「天河紅葉を橋に渡せばや 七夕女の秋をしも待つ」
(あまのがわ もみじをはしにわたせばや たなばたつめのあきをしもまつ)
 
という歌で知られています。
 
なお、もみじはなるべく濃いものをひとつだけ選ぶそうです。
濃いは恋につながるとか。
------------------------------------------------


濃い色のもみじさ~ん。
まだまにあいますか?

2008.12.11 | 気になる(なった)こと

昨日みた昼間の月。
ハートのわくの雲。
帰ってきて過去きになった文章たちをひもといてみつけた恋のおまじない。

今朝、読みたいと思っていた本を読んだ後
あとがきにかいてあった
その本のキーワードのような言葉たちを
ほぼ日手帳2006Springの巻末メモ欄の中にみつけた。

機能 だけでなく デザイン
議論 よりは 物語
個別 よりも 全体の調和
論理 ではなく 共感
まじめ だけでなく 遊び心
モノ よりも 生きがい

この時期、私はネットから遠ざかり
自分をみつめる、病気と向きあおうとしていた。

花屋鋏の坂井源一さんのことばもそのとなりに記されていた。

誰のためにどんな目的で作っているのか
はっきりしたに物づくりは駄目。

12月23日、まなぶんのクリスマスパーティーに行きたいな。
妹が偶然、まなぶんと酒の席でいっしょになったらしく。
パーティーのチラシとまなぶんのファンキーなカードを
仕事帰りにもってきてくれた。

2006年5月9日。
FM NAGANOのシエスタな時間。
懐かしいなぁ。

今日も思い出したら思い出になってしまうような日を。。時をすごしています。
ご注文、どうもありがとうございます。
ご来店、どうもありがとうございます。

2008.12.11 | 日記

(C) casa seco