FC2ブログ

ハチカメラで撮ったフィルムの現像とプリントがしあがったので
とりにいってきた。
直江津のヨーカドーの中にある
モナリザという写真屋さん。

私はモナリザのファンのひとりである。
ちまたでみかけるモナリザの黄色い看板。
これにキャッチコピーがかいてある。
数種類あるようだ。

モナリザのファンになりはじめたのは
妹が証明写真を必要とし
多忙だったこともあって
買い物ついでにここでとってしまえば的に
利用したことがきっかけだった、と思う。

看板のキャッチコピーの方が先だったかな。。

ハチカメラは岡本太郎さんの絵をみにいった帰りの
ミュージアムショップで出会ってしまったのだった。
110(ヒャクトー)というフィルムをはじめて知ったのは
このカメラとであったからだった。

このカメラはおてんとうさまが
燦燦としているときでないと
写らない。
きっと私は太陽の光を心のどこかでとても欲していたのかもしれない。

今年の5月ぐらいに撮った写真から
10月半ばまでのときどき写真。
20枚ぐらい写っていて
やるぢゃないか、ハチカメラ、って思ったのだった。

とてもあまい感じで写る。
シャープの反対な感じ。
それでも
私の気持ちをちゃんと映しているところは
さすが、ハチカメラ君。

110フィルムの生産が気になるところだけど
あと1本予備にしていたフィルムをセットして
腰にぶらさげおでかけしたい。

おでかけせずとも
太陽がでているときは
おそとにでよう。
ハチカメラを持っておでかけしよう。

11月9日の直江津のアート商店街のとき、
これを腰にぶらさげて
話のネタの一つにしよう。

今日はこれからいのちの食べ方をみにゆく。
高田日活へ。
珈琲を水筒にいれてこかな。

今日もここへきてくれてどうもありがとう。
人生のともしびまっち、好評発売中です。

続きを読む

2008.10.24 | 日記

(C) casa seco