FC2ブログ

我が家では、ヒマラヤのソルトクリスタルという、岩塩で出来た
キャンドルホルダーにティーライトを入れて灯しています。
それまでも普通のティーライトを利用していたのですが、蜜蝋を
知ってからはその光のやわらかさと暖かさにすっかり虜になって
しまっています。

実は我が家は、夫は「真っ暗だと眠れない」人で、私は「真っ暗
でないと眠れない」人なのです。

スタンドの明りでは私には明るすぎ、実家を火事で焼失している
夫はキャンドルは炎だから嫌だと敬遠し、いろいろ試しながらも
なかなか妥協点が見つからずにいました。

ところが、ある日、岩塩のキャンドルホルダーを通した灯りにまず
私が惚れ込んで購入し、早速ティーライトを入れて一晩灯してみた
ところ、私にとっては明るすぎず、夫にとってもほどよい明るさ
だということに気がついたのです。
それでも炎に警戒感が消えない夫と小樽のキャンドル専門店まで
買い物に行き、そこで初めて蜜蝋の灯りの優しさを知りました。
実はその店にはティーライトはなく、いろいろと探してこちらの
お店にたどり着いたのです。

そうして購入させていただいた蜜蝋のキャンドルには、あれほど
炎をいやがっていた夫も「なんだか、安心感があるね」などと
言い出し、すっかり蜜蝋の灯りを気に入ってしまいました。

いまではゆっくり眠れる週末の夜には必ずキャンドルの灯りで
眠るようにしています。ただ、一晩に一個のティーキャンドルを
消費するのは経済的にも考えるものがあるので、いっそのこと
お寺や教会で使っているような太いのを買って毎日少しずつ
つけるのはどうかしら…などと画策し、貴店の「カテドラル」
よだれを垂らして眺めています。

いまは真冬で、雪明かりとキャンドルのライトというのはとても
相性が良く、互いに映えて美しく見える季節ですね。
今後とも、折りをみて数を増やしていきたいと思っていますので、
気の長いおつきあいをさせていただけると、一蜜蝋ファンとしても
幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

続きを読む

2008.02.02 | 蜜蝋感想

ばらとかすみそう、スイートピー

薔薇とカスミソウ、スイートピーをいただきました
このこたちのように・・・

トロピカル風にいけてくれました
ありがとーのりだー

2008.02.02 | 写真

2月2日。
今日でcasa secoは満1歳になりました。
これもひとえにみなさまのおかげです。
どうもありがとうございます。
そして2年目のcasa secoもどうぞよろしくお願い致します。

本日より約2週間にわたって
casa secoへおよせいただいた
蜜蝋キャンドルの感想を1つずつ
ご紹介していきます。

感謝のきもちと
これからもどうぞご愛顧のほど
よろしくお願いしますのきもちをこめて。

どうぞごゆるりと、およみくださいね。
毎日、日没あたりに更新します。

この日記も毎日更新、
1年つづけることができました。
ありがとう、よんでくださって。

初心にかえるつもりで
最初のデザインに変更しました。
このpost itな感じ、
すきなんです。

昨日、
柳宗理さんの珈琲カップと
スタバタンブラーの話を友達にしてしまいました。

その違いをしゃべるとき
思い浮かべるヒトがいます。

少し照れてしまっていたかなぁ私。

そのきっかけはBOSEのスピーカーの話ができたから、でした。

雪のちらつきかげんも
昨日はまるで特撮シーンで準備したみたいな
パウダースノーちゃんたちでしたよ。

2008.02.02 | 日記

(C) casa seco