FC2ブログ
一般的に出回っているロウソクの原料として使われているパラフィンについて、ワイルドツリーのサイトで詳しく解説されています。
以下引用

パラフィンは石油製品です
今、最も一般的に町に出回っているキャンドルは、石油から作られたパラフィンキャンドルです。その理由の一つとしては、生産コストも安く、生産が容易で、しかも、燃焼が比較的安定しているということがあげられます。 ノーザンライトは、キャンドルとワックスについての広範なリサーチを行ってまいりましたが、

引用ここまで
続きはコチラ


健康安全基準について
以下引用

キャンドルは、明かりを灯すだけのものではありません。明かりが灯るとき、キャンドルの成分は蒸気となって空気中に広がりますが、私たちはその成分を呼吸とともに体内へと吸収してもいるのです。

引用ここまで
続きはコチラ

今日はアースデー。地球のこと、大気のことを考える時間をもってみてもいいかなと。そして自分のできることからはじめてみる日に、はじめている人は誰かに伝える日にしてみてもいいかもしれないなと、そんな風に思います。

2007.04.22 | みつろうキャンドルについて

(C) casa seco